×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

斬魔大聖デモンベイン


注:ネタバレ・毒舌ありなので注意!

■戻る
斬魔大聖デモンベイン



ヌおおおおおおおおおおおおおおおお!!!








ぬおおおおおぉぉぉぉぉぉおおおおおぉぉぉぉぉぉ!!!








最高じゃ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!

デモンベイン最高じゃ〜〜〜〜〜!!!
















なんて言えないんですね

残念ながら(;´Д`)


叫び系レビューの方々って、なんであんなになんにでも興奮できるんでしょう?

不思議だ ( ̄− ̄;)






改めましてこんばんは、英和辞典です。

今回のネタバレは斬魔大聖デモンベイン。

クソゲーにしろ大傑作にしろ、衝撃を受けたものがあったらネタバレを書くんですが、今回のデモンベインは、こころ動かされるものがまったくなかったんですよ。

よって、ネタバレを書く気はまったくなかったんですが、常連(神)様からのご要望なので、がんばってみました。

いつものネタバレはある程度オチみたいなものを作ってから、書くんですが今回はまったくなにもありません。

さ〜、いったいどうなってしまうのか?





■はじめに■



まぁ〜・・・

良かったんですけどね・・・

このゲーム・・・



ものすごい作りこみで、一見映画みたいなつくりです。

オープニングムービーなど、すごいつくりでまさに臨場感たっぷり。

しかも主人公にまで声が付いており、ほとんどアニメか映画です。



ただ
やたら漢字が多く、文章がすごく読みづらいです。

やたら凝った言いまわしが多い、かえって読みづらいです。



唯(ただ)の詰(つま)らん人間
こいつ観閲(キ○ガイ)だ!
真逆!(まさか)

()内の文字は英和の補完

とか、わけわからんですわ。




変身して巨大ロボにのって戦うなんて、なんだかテレビ朝日の戦隊モノみたいであります。

出てくる登場人物も18禁ゲームだけあって、若い女の子ばっかり。

女の子の戦服が、どこかの
高校の制服みたいだったり、うさぎの耳みたいのがついていたりと、乳がやたら強調された服を着てたりとか、なかなか萌える服装なんですが、絵、それ自体が可愛くないので萌えられないです。

残念。




アル・アジフの耳、うさぎっていうよりアイロンです。







な・・・なんだ?

いきなり声が出なくなったぞ?

いろいろといじくってみるが・・・変わらず・・・

パッチを当ててみるが・・・変わらず・・・

しょうがないので再インストールしてみる・・・変わらず・・・

サポートを見てみると・・・『第2話以降は、重要シーン以外では音声はありません』



ふ ざ け る な

っころすよ!ホント!



ウホッ!
すごいムービー!

アニメとCGを組み合わせたすごい映像だ!



九郎特訓シーンでアルが
ピーパン姿(あえてそう書いてみました)に!
でも、絵が絵なので萌えられない





Hシーンのとき九郎がうるさい。
「ああ・・・」って、Hシーンに男の声があるとこんなにウザいのね・・・


加藤鷹の
「イっていい?イっていい?」くらいウザいですわ。








どんどん進めていきます・・・


眠いよ〜
眠すぎるよ〜。

とにかく話がつまらなすぎて1時間以上連続でプレイできません (―_―;

話はニトロプラス調なんですが・・・




下手な作家が虚淵玄を真似ても、シナリオが読みにくいだけであります!閣下!

やってることは、モロ特撮戦隊モノです。


怪物出現!

九朗変身!

巨大ロボデター!

デモンベイン発進!

敵やっつけた!

めでたしめでたし!



まさにゴレンジャー!

むしろ話の分かりにくいゴレンジャー!

18禁ゴレンジャー!


それにちょっと各ヒロインごとにシナリオをくわえただけ。

文章はまわりくどいし、漢字は変なところで使うし・・・

最近更新が少なく、私が一日18時間寝ているのは、このゲームのせいなんですよ (―_―;


もう辞めようかな・・・








こういうことやると言っちゃうよ?

アレを・・・



あれ言ったら、スゲー反感くらいそう・・・


デモンベインが大好きな人はここから先は見ないほうがいいです。


言うぞ〜!

言っちゃうぞ〜〜〜!!!






言っていい?言っていい?







ハッキリ言って!





















アル・アジフがまた裸Yシャツとエロい格好をするが、この絵では(以下略)



もう・・・

だめポ・・・




瑠璃よ!
その
だっちゅーのポーズで怒るのヤメイ!




マギウススタイルの九朗のカッコウ誰かに似ていると思ったら、ギルティギアのザトー=ONEにそっくりだわ。


うお!
今度はスレイヤーが出てきた!

完全にギルティギアのマネだな。このゲーム



ライカの水着すさまじい!
乳はんぶん出てるよ!

バンザイしたらチクビでちゃうよ〜!

でも、この絵では(以下同文)



アルはどうやら無毛のようです。
でも正直言いまして、もう無毛は飽きました。

そういえば
インモーが剛毛のヒロインって出てきませんね?






あどけない顔で、

胸も控えめで

素直で可愛く、

ちょっと甘えん坊で、

ヘソまで届く
剛毛




そんなキャラクターが出てきたら萌え・・・ないな、やっぱ・・・






Hシーンにも男のボイスが入っているので、艶かしい男の吐息が聞こえて萎えます。

「ああ・・・アル・・・ハアハア・・・」
(爽やかな青年の声で)

ある意味たまりませんわ。ホント・・・




な、なんだ!このティンポ!

アルの胴体くらいに太い!

てっきり置き物と思ったくらいにデカい!

門松くらいにデカいぞ!


馬・・・どころじゃない!
ゾウだ!

地上生物最大のゾウだよ!このティンポわ!

こんなの入れたら、
胃にまで突き刺さるぞ!これは!

子宮を突く!どころの騒ぎじゃない!これを入れられたら子宮を押しつぶされるよ!スリコギみてーに!

特にアルは小さいんだから、これを入れられたら2つに裂けちゃうよ!アシュラ男爵みてーに!

恐ろしや・・・


亀頭なんかボウリングの玉くらいにデカいよ!

スッゲェー・・・

に・・・人間じゃね〜。









う〜む第9話のエンネアが出てきてからずいぶん面白くなってきたな・・・



まあ、ガンガン飛ばしているからかもしれないが・・・




エンネア、ネコ耳とはまた・・・

しかしこの絵じゃあ(いつもと同じ)

おお〜!
マスターテリオンのバットも
黄金バットですな〜。
ワハハハハハハハハ!(←わかる人しか分からんな、この笑い声)



二の腕よりもブットイぞ!





急展開!



アル〜は死んじまっただ〜

アル〜は死んじまっただ〜

アル〜は死んじまっただ〜

天国へ行った〜だ〜


(帰ってきたよっぱらいの節で)

アルとマスターテリオンが死亡!

こんな展開になるとは・・・
ドビックリ!
いいぞ〜!
面白くなってきた!




アルHシーン

またも九郎の化け物が登場!
このデカさは並ではなく、九郎の二の腕くらいはありそうなこん棒!

前田慶次もはだしで逃げ出すほど巨大であります。

スッゲーな・・・しかし・・・

これ普通に小便をするときでも超大変そうだね。

両手で、大根を土から引っこ抜くみたいに取り出して、
バーバーだすのかいな?

スゲー・・・

肩にかつげそうだぁ〜・・・

よっこらしょ・・・って。

フラフープやるとき邪魔だろーなー。

ブルンブルンって。

でも、空、飛べるかもしれませんね〜。

タケコプターみたいに。




そろそろ第15話(最終話)




もうやめていいでSKY?



いや、つまらないわけでもないんですが、とりたてておもしろいわけでもないんですよ。

その( ´_ゝ`)フーン程度の話を何時間もやってりゃ、そりゃ飽きますわ・・・

とりあえず最終話だし、やっとくか・・・
マンガでも読みながら・・・




いや、シナリオライターががんばっているのは、わかるんですが、やっぱりとりたてて面白くないです。

ファントムっぽいんですけど、やはりどうにも凡人の文ですわ。

ストーリーはまあまあなんですが、文章力がなさすぎて、なにが起こってるかわかりにくい。

とにかく漢字が多すぎて、辞書片手に読む始末。






たまらん・・・




マブラヴが面白いと感じた人ならおもしろく感じるのではないでしょうか?




最終決戦で、九郎とマスターテリオンが詩を読み始めちゃったよ(;´Д`)

勘弁してよ。ミュージカルじゃないんだからさ・・・

「我は光 瞼をやく己をやく世界をやく 熾烈と憎悪」


「我は闇 重き枷となりて路を奪う 死の漆黒」


もうアホですか?・・・と(;´Д`)



あ・・・エンディングだ・・・






エンディングテーマはなんとヴェドゴニアでも歌っていた小野正利氏!

「吸血殲鬼ヴェドゴニア
おなじみの小野正利氏」って、ちょっとマテーイ!

なんかこの書き方じゃあ、小野正利氏がニトロプラスのお抱えの歌手みたいじゃないか〜い!

ちなみに小野正利オフィシャルHPには、このことはやっぱり完全無視。

そりゃ書けませんわな。小野さん(笑顔)





うーむ・・・

やっぱ最高ですよ!


最高!

本当に感動した!

鳥肌たっちゃったもん!

ほら、こんなに!

すっげーわ・・・

天才だわ・・・






小野正利の歌が!









ゲーム内容よりも歌の方が良かったゲームって一体・・・

結局このゲームで良かったのは小野正利氏の歌だけですな・・・









次は瑠璃か・・・

まあ・・・

やってみるか・・・気が乗らないなあ・・・






うわああああああああああああああああああああああああああああ!!!!


キタよ!キタキタ!
感動が!



最後の最後で
大感動!

まさか覇道鋼造
=過去に飛ばされた九郎だったとわ!



輪廻モノを出されたら私はオチます!

サイコーですわ!

マジで!








ずっとずっと祖父という立場で、瑠璃を守っていた九郎・・・


それを知ったときの瑠璃は

「ずっと守ってくれたんですね・・・九郎・・・」





あ”ああああああああああああああああああああああ!!!!


今までの輪廻モノのエロゲーでは、大抵女の方が輪廻していたが、今回は男が輪廻してたとわ!



このゲームの評価はうなぎのぼり!

9回ウラに満塁ホームランです!!!


起死回生!

一発逆転!

さよなら満塁ホームラン!!!


でも、8回までに
30点くらい取られているので、評価はまだまだ逆転していないですが・・・








さ〜て、次はハッピーエンドをみてみよう














アッソ・・・

つまらん。








次はライカ編


てっきりライカって、30過ぎのオバンかと思って攻略キャラじゃないと思ってたんですが、攻略キャラみたいですな。



本当にクドイ文章だ

たとえばビームを出す描写では・・・

「ビーム、圧倒的なビーム、絶対的なビーム、ものすごいビーム、ドデカイビーム、最高のビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム、ビーム」

って、こんな感じで20時間続く・・・



やっぱし、メタトロン=ライカさん かあ

まあ、
あの乳でなんとなく想像はついていたが・・・

しかしメガネをとると美人ね、ライカさん。
シスター時は、あのシスター服とメガネのおかげで30半ばのおばさんかとおもっていたら、なかなかどうして、
美人じゃない!





巨大ロボモノだけあって戦闘シーンが多いんですが、その戦闘シーンが死ぬほど退屈です。

テンポが恐ろしく悪いし、文章がくどい。

いつも戦闘シーンは飛ばしているとなんとか、ゲームを続けてられます。



バイクに乗って戦っているよ。

なんかヴェドゴニアっぽい。

サンダルフォンが乗るとますますヴェドゴニアっぽいです。



ライカエンド


くぅぅぅぅううううう!



まただよ!

またエンディングだけは感動させてくれるよ!このゲーム!



このシナリオライターは人を感動させるツボを知ってるね・・・

だが、相変わらずストーリーは死ぬほどウザイ文章で、ほとんど飛ばしてしまいました。

ストーリーが上手い虚淵玄、エンディングが上手いこのシナリオライター。

ストーリーを虚淵玄が、エンディングをこのライターがかけば最高に面白いゲームができるでしょうねえ。



総評




やはり、ストーリーはなかなか良いのに、文章の不味さがすべてをぶち壊した。という印象です。

もうどうしょうもなくクドく、退屈な文章で読む気を本当に殺ぎます。

終わったときは本当にホッとしましたよ・・・

「あ〜、ようやく終わった〜」って。




そういえば、どっかのHPレビューサイトで、私の文章も「クドい!」って書かれてたのよね・・・(´・ω・‘) ショボーン





でも、エンディングがなかなか良かったです。

特に瑠璃エンドが、輪廻モノでかなり感動させられます。



しかし九郎も良く50年近くも耐えられたよなぁ・・・

その瑠璃に会うまでの50年を思うと、本当に感動します。

辛かっただろうなあ・・・

永いこと永いこと、瑠璃に会うためだけに、瑠璃の父親を育てて、ブラックロッジと戦うための装備を整えて、しかもいつ死ぬかも知っている・・・

そして、ようやく瑠璃が生まれても、孫ということでハアハアは出来ない・・・



しかもこのルートでは、瑠璃とHはしてない状態。

正直言いまして、Hすらしてない女性のために50年もがんばれるのかというと正直疑問も残ります。

そういうと、
「おまえはHだけか!この性獣(せいじゅう)がッ!」って思われるかもしれませんが、デートしたのもたったの1回ですよ?

しかも、まともにしゃべったこともほとんどないみたいですし。

その他の恋愛描写はぜんぜん皆無でしたし。

心のつながりも大してなかったと思うんですよ。

その相手を50年も思うなんてねぇ・・・

ウソクセー・・・


しかも良く考えたら、大傑作DESIREそのものじゃん・・・このシナリオ・・・

DESIREは女が20年の輪廻を経て男とめぐり合う話だが・・・

このままで行くと、DESIREのネタバレになってしまうので簡単に行きますが・・・

DESIREの場合は永遠の輪廻で過去に戻るたびに男と巡り会っていて、しかも女の方は男をず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと好きだったから、20年間どんなに辛くても、男に会うためだけに、死ぬ思いをしてがんばってこれたというのも納得できます。


しかし、この話の場合はほとんど話もしてなかったのに、いきなり相思相愛になっているという、
性にサカった中高生みたいなもんで、そんな一時期のはしかみたいな恋愛で、九郎はよく50年も耐えて来れたね・・・



そう思うとウソくせ〜話だな〜これ・・・


・・・・・・



ああっ!
だめっ!

私こういう性格だから、人生楽しめないんだよ!


これじゃあ!

ゲームなんて楽しんだものが勝ちだよ!

人生もそう!


下手に疑ってかかると楽しめるものも楽しめなくなる!



ヤメヤメ!
疑うのヤメ!




嗚呼〜!
すご〜い!

デート1回しただけなのにマジで愛し合って、ロクに話もしてね〜のに相思相愛になってて、Hすらしてね〜女のために50年も戦ってくるなんて感動しちゃうな〜。あははのは。





どうでもいいことですが、九郎って
赤ちゃんの瑠璃相手にハアハアはしなかったのね・・・

















マジで、ゴメン・・・





それにしても、どんな服を着てても、なんて
チクビが立っているんでしょうか?(;´Д`)





実はこの文を書くのは、ゲームをクリアしてから、もう10日は経っているんですが、
印象に残っているのは、結局

オバケチンポ

小野正利

のみですな。

シナリオは大して覚えてないや・・・






PS:小野正利氏も、さすがに
チンポといっしょに自分の名前が並んでいると思いもしないだろーなー・・・




03年09月22日


■戻る